05≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
■出産報告 
やっと落ち着いてきたので、出産した時の様子を記録しておきたいと思います。

11月25日の午前3時半、トイレに行こうかな~と目を覚ましたそのとき「ぱしゃっ」と・・・。感覚的に言えば、生理の時にちょっと量が多めの出血が出ちゃったな、みたいな感じでした。

もしかしておしっこ出ちゃったのかな?くらいの感覚でトイレに行くと少量の水がいつまでも止まらずに出てくるので、「ああ、これが破水なんだ!」と妙に落ち着いて実感。とりあえずトイレットペーパーで拭こうとして見て見ると、破水の色が変。
色は緑かかった茶色をしていました。これは赤ちゃんが羊水で便をしてしまった時のしるし!早めに病院へいかなくっちゃと思いながらも汚れた下着をつけおき洗いなんかして、夫を起こしました。

びっくりした夫は急いで別室で寝ている私の母を起こし、あらかじめ用意してあった入院セットバックを持ってすぐに病院へ電話して、車で病院へ向かいました。

病院へ着いたのは3時45分。すぐに病室へ行き沢山の質問をされた後、子宮口の開きをチェック。その時点ではまだ1CMしか開いておらず、破水の色から見ても赤ちゃんの心音から見ても、赤ちゃんは元気だということで少しずつ子宮口が開くのを待つことに。

促進剤を少しずつ点滴で入れながら待つこと8時間。やっと子宮口が4CM近くなったので腰に麻酔を打ってもらうことに(無痛分娩希望だったので)。麻酔は打ってもらった後やっぱりとても効いたみたいで、1時間は傷みがないまま、陣痛の波を感じることができました。

が!どうも左が1時間後には麻酔が切れてしまったようで、すぐに痛くなりはじめてしまったのです。もう一度麻酔科の先生を呼んで、改めて麻酔の量を増やしてもらいましたが、また1時間後には傷みが。それもまた左だけ!

そんなこんなしている間に子宮口は6CMまで開き、看護士さんが手を入れて診た所、

「あれ?この子って逆子じゃない?」

はい?????
いや、そんなことは聞いてないんですけれども・・・(汗)。

ということで他の看護士さんを呼んで再びチェック。するとやっぱり

「逆子だねー」

とのこと・・・。

早速エコー技師を呼んでエコーを取り(っていうかどうして初めからエコーしないんだ???)、逆子を確認。
そして緊急帝王切開1時間後決定!

それまで陣痛で頑張った時間 - 11時間・・・・


まあ、とにかく帝王切開ならそれはそれでいいやと思い、手術室へ運ばれた私なのですが、ここでまた左の麻酔が切れて痛い思いを・・。
それをまた麻酔科の先生に告げると、左だけが痛いということを看護士さんから聞かされていなかったらしく、看護士さんに説教開始!(今怒らなくたって・・・)。更に麻酔追加したものの、やっぱり左には麻酔が効かず、新たな麻薬らしき強い薬を点滴することに。

この薬がまたすごかったです。入れられて3秒後には天井がぐるぐるしました。その後の記憶は全くありません。

その後、目が覚めたら私は病室に戻っていて、母や夫が「産まれたよ。大丈夫?」などと聞いてくれていたのですが、どうもまだ意識がもうろうとしていて、口がきけるようになったのはそれから1時間後だったそうです。

ともかく、健康で産まれてきてくれて、それだけで私達は幸せだと思います。欲を言えばもっと早くに逆子だったと教えて欲しかった(苦笑)。

入院報告もあるのですが、かなり長くなってしまったので今日は出産報告のみにしておくことにします。
スポンサーサイト
子育て0-1ヶ月目】 | top↑
| ホーム |
プロフィール

OreoMama

Author:OreoMama
アメリカ・フロリダ州で暮らす新米ママです。11月25日に無事健康な女の子を出産しました。何事も知らないことばかりですが、一生懸命子育て頑張ります♪

ちびころの成長過程♪
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
みなさんが遊びに来てくれた数
Wedding Anniversary

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
いくつになったの

FC2 ブログランキング
同じく新米ママで頑張ってる方!クリックをお願いします♪

FC2 Blog Ranking

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。